障害者手帳は就職・転職に必要?障害者枠と一般枠のメリット・デメリット

障害者手帳は就職・転職に必要?障害者債よと一般採用のめり大tデメリット 就職活動ノウハウ

障害者手帳は就職活動に必要ですか?
障害を隠す方が就職活動は有利なのでしょうか?

なーたん
なーたん

障害をオープンにする障害者採用と障害をクローズにして就職活動をする一般採用はそれぞれメリット・デメリットがあります。
自分に合ったやり方を選びましょう。

障害者が就職活動をするとき障がい者採用(オープン)で就職するのか一般雇用(クローズ)で就職するかの2通りの方法があります。

障害者採用枠で就職活動を行う場合者手帳が必要です。

この記事では障害者採用と一般採用の特徴とメリット・デメリットを解説していきます。

それぞれの特徴を理解し自分に合った方法を選択してください。

スポンサーリンク

障害者手帳が必要な就職:障害者採用のメリット・デメリット

障害者手帳が必要な就職:障害者採用のメリット・デメリットイラスト

初めに障害者手帳を持っていることで利用できる障害者採用について解説していきます。

障害者採用枠で就職・転職を希望する場合は必ず障害者手帳が必要になるので、早めに申請しておきましょう。

障がい者採用とは

障がい者採用とは障害がある人を対象に一般枠とは別に設けられた採用枠のことです。

一定規模の企業は障害者を従業員数の2%雇わなければならないという決まり(法定雇用率)が「障がい者雇用促進法」で定められています。

この法定雇用率を下回ると企業は一定の金額を納付しなければいけません。

そのため企業は障害者枠を設けて障害者の雇用を積極的に行っています。

ここで言う障害者の定義が障害者手帳を所持している人のため、障がい者採用に応募する場合は障害者手帳が必要になるのです。

障がい者採用のメリット

障がい者採用で就職をするメリットは次の通りです。

障がい者採用のメリット
  • 障害への配慮が受けられる
  • 大企業への就職が有利になることも
  • 障害について周りに相談できる

障害への配慮が受けられる

障がい者採用で入社した場合必要な障害への配慮をお願いすることができます。

通院や投薬のための勤務時間の調整、勤務地への配慮、拡大読書器などの機器の購入など必要な配慮を企業と相談しながら決めていきます。

なーたん
なーたん

私も実際に通勤経路を階段の少ないルートにしてもらったり、大型のPCディスプレイを準備してもらうなどソフト面、ハード面両方からサポートしてもらっています。

障害への必要な配慮を受けながら仕事をすることでストレスなく仕事を進めることができます。

大企業への就職が有利になることも

障がい者採用枠では大企業への就職が有利になります。

法定雇用率は従業員数に応じて雇う必要がある障害者の人数が変わります。
そのため従業員数が多い大企業ほど採用枠が多くなるんです。

一般採用では倍率何千倍のような人気企業でも障がい者採用枠であれば倍率が下がることの方が多いです。

特に大卒の新卒採用は有利です。
詳しくはこちらの記事で紹介しています。

>> 【大卒】障害者の就職活動は超売り手市場!おすすめの就活方法を紹介

障害について周りに相談できる

障がい者採用枠であれば障害への配慮や仕事上での問題が起きたときなど上司や周りの仲間に相談できます。

上司に相談しにくい場合は産業医や人事に直接相談することもできます。

なーたん
なーたん

企業によって胃は専門のアドバイザーや産業医と定期的に面談をして悩みを相談することができる場合もあるんです。

一人で悩むことが減り長く働くことができるようになります。

障がい者採用のデメリット

続いて障がい者採用枠のデメリットを見ていきましょう。

デメリットは次の3つです。

障がい者採用のデメリット
  • 希望する企業を受けられない場合がある
  • やりたい仕事ができない場合がある
  • 会社の人に障害があることがわかってしまう

希望する企業を受けられない場合がある

企業によっては障がい者採用を募集していない場合もあります。

法定雇用率の対象でない企業や納付金を支払ってでも障碍者を雇用しない方針の企業は障がい者採用枠を設けていません。

こういった企業を希望する場合は一般枠で応募することになります。

なーたん
なーたん

ただし障害者枠を設けていない企業はたとえ一般枠で入社したとしても障害者を受け入れる体制ができていない場合がほとんどです、

定着して長く働くのは相当の努力が必要になるでしょう。

また障害者枠がある企業でも新卒のみまたは中途のみと求人が限定されている場合もあります。

やりたい仕事ができない場合がある

デメリットの1つ目にも関係しますが、多くの企業で一般事務の契約社員のように職種を限定して募集している企業が多いです。

特に中途採用で転職する場合に多く見られます。

この場合例え入りたい企業に障がい者枠があったとしても、希望の職種に就けない可能性が高いです。

最近はオープンポジションやハイクラスの転職などもあるので希望に合った求人を効率的に探していく必要があります。

会社の人に障害があることがわかってしまう

障害者枠での採用なので当然会社には障害があることはわかってしまいます。

面接や選考書類で自分の障害内容について話をしなければいけません。

障害への配慮や業務上の安全のために人事担当だけでなく上司や場合によっては同僚にも障害があることは伝わります。

障害があることを他人に知られるのがどうしてもいやな場合は障害者枠での就職活動はつらいかもしれません。

障害者手帳が不要な就職:一般採用のメリット・デメリット

障害者手帳が不要な就職:一般採用のメリット・デメリットーズのイラスト

障害者手帳を就職活動で使わない一般採用についても見ていきましょう。

一般採用とは

一般採用は障害があることを隠して(クローズにして)就職活動を行います。

健常者が就職や転職活動を行うのとまったく同じ条件になります。

一般採用では例え障害者手帳を持っていたとしても、企業側に伝える義務はありません。
企業側からも直接本人に確認することはありません。

一般採用のメリット

一般採用で就職活動をするメリットは次の2つです。

一般採用のメリット
  • 好きな求人に応募できる
  • やりたい仕事にチャレンジできる
  • 障害があることを周りに話す必要がない

好きな求人に応募できる

希望の求人があれば事由に応募することができます。

障がい者採用のデメリットでも触れましたが、障がい者枠を設けていない企業もあります。
一般就職の場合はこのような企業にも自由に応募することができます。

ただし就職活動は障害がない他の応募者と競わなければなりません。
要求される仕事内容も障害がない健常者と同じになりますので、相応の努力が櫃王になります。

やりたい仕事にチャレンジできる

希望の職種で障がい者枠の求人がなくても一般枠であれば募集している場合が多いです。

やりたい仕事が決まっていてチャレンジしたい際は一般採用で応募できます。

ただし前述したとおり障害がない人たちと競争することになります。

障害があることを周りに話す必要がない

障害があることを会社で知られたくない場合は一般採用の方が向いています。

もし障害者手帳を持っていても一般採用であれば企業に伝える必要はありません。

ただし、障害者控除の申請や障害年金を申請する場合は会社にわかってしまうので注意が必要です。

一般採用のデメリット

続いて一般採用のデメリットを解説します。

一般採用のデメリット
  • 障害への配慮を受けられない
  • 長期で働くことが難しい
  • 障碍者控除が受けられる

障害への配慮を受けられない

障がい者採用であれば障害への配慮をお願いすることができます。

しかし一般枠では障害への配慮を受ける権利を放棄したことになります。

入社顔に障害が発覚した場合でも障害を理由に解雇することはできません。
しかし障害を隠して入社したのですから信用は失ってしまいます。

障害者枠での入社であれば障害への配慮を受ける権利がありますが、後で発覚した場合は障害への配慮をどの程度行うかは会社の判断にゆだねられます。

長期で働くことが難しい

障害者が一般枠で就職した場合長期就労ができていない現状があります。

厚生労働省の障害者雇用の現状等によると一般就労で障害非開示の場合障がい者採用に比べて1年以上継続して働いている割合は半分になります。

特に精神障害の場合の定着率が低くなっています。

なーたん
なーたん

障害を隠している場合周りに悩みを相談できずに仕事が続けられないことが定着率が低い原因です。

長期で無理悪働く場合は障がい者採用の方がよさそうです。

障碍者控除が受けられる

障害者手帳を持っていれば税金の控除を受けることができます。

ただし年末調整などで会社に障害者手帳のコピーを提出するため、会社に障害があることがわかってしまいます。

また障害者年金を受け取る場合にも健康保険で会社側に申請が必要なため同様です。

障害を隠して就職したい場合はこのような権利を放棄することになります。

まとめ:障害者手帳は就職・転職活動に必要か?

障害者手帳が就職に必要かどうかは障がい者採用か一般採用かの選択で変わってきます。

どちらが良いかはそれぞれの特徴を理解し自分に合ったほうを選ぶようにしましょう。

  • 障がい者採用が向いている人
    • 障害への配慮を受けながら無理なく仕事をしたい
    • 障害について仕事仲間に理解してもらいたい
    • 大企業への就職に挑戦したい
    • 無理なく長期で働きたい
  • 一般採用が向いている人
    • 障害への配慮がなくても健常者と同じように仕事ができる自信がある
    • 希望の企業・職種に障がい者採用がない
    • 障害があることをどうしても周りに知られたくない

一般採用での就職が難しいと感じた場合は障がい者採用での活動に切り替えるのもありですし、障がい者採用で活動しながら募集がない企業だけ一般採用で応募することもできます。

また障がい者採用の求人を公開せず、就職・転職サービスからのみ募集している企業もあります。

自分にどちらがあっているかわからない、希望の条件の求人がなかなか見つからない場合は障がい者専門のアドバイザーに相談することができます。

>> 新卒学生向けおすすめの障害者専門就職エージェント

なーたん
なーたん

私が転職活動を始める際にキャリアカウンセリングを受けてプロに相談しました。 自分に合った就職活動の方法をアドバイスしてもらえました。

キャリアカウンセリングの様子はこちらの記事で紹介しています。

>> キャリアカウンセリングの面談を受けてみた

障害者専門の就職アドバイザーに聞いた障害者が転職活動をする際のスケジュールや効率的な進め方はこちらの記事で紹介しています。

>> 障害者の転職期間はどれくらい?応募から内定、入社まで最短3か月!

ブログランキング参加中!クリックで応援お願いします。
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者の仕事へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました